TP1




コンバージ可動改造~ガンダムバルバトスの肩を可動させよう!

今日から2016年のGWが始まりました♪そんな4月29日にやんは・・

仕事をしてきました!

しかも残業ですよ(泣)

まぁ建築関係なんてそんなもんですよw

GWって休みの方と休みじゃない方ってどっちが多いんでしょうね??
ちなみにやんの周りでは10連休が2人いました。。
超絶うらやましいです!!

もし10連休あったらコンバージ改造しまくって箸休めにガンプラやBB戦士作って・・考えただけでたまらないです(^^)

ガンダムバルバトスを可動改造

今回はガンダムバルバトスの可動改造を紹介したいと思います!
前回ポージング変更した時にちょっと動きが物足りない感じがしたんですよね。。

ザク予想1

バル改5

ガンダムバルバトスのポージング変更・・もの足りんって思うでしょ??

シャア専用ザクⅡは腕だけのポージング変更じゃなくて他にも肩の可動改造や脚パーツの改造とか色々改造してるのでポージングがノーマル状態のものと比べてだいぶ変わったんですけどバルバトスは右腕だけなのであまり変わっていないように見えるんです(^^;)

なのでもう少し動きを出すために肩の可動改造をやってみることにしました!

バル可動1

右腕は90度曲がったままにしておきます。
前傾姿勢ぐあいも気にはなるとこなんですが今回はまず可動改造からやります(^^)

バル可動2

腕パーツは簡単に取り外すことができます♪
改造内容としては胴体パーツの腕を差し込む為のピンを切り落としてミニドリルで穴をあけて100均のジョイントパーツでつなげます(^^)

バル可動3

これがジョイントパーツです♪
やん光房でのコンバージ可動改造には良く使われています(^^)
コレかなり便利なんです!

バル可動4

同じ機体のコンバージでも個体によって穴の大きさが若干違かったりするんです(^^;)
やんが今回改造したバルバトスは右腕と左腕の穴の大きさが違ってましたw

画像は左腕で穴の方がちょっと小さかったんです・・
ジョイントパーツを削ろうと思ったんですけど意外に硬かったので左腕パーツをドライヤーで温めてパーツを柔らかくしてからジョイントパーツを差し込みました!

もしパーツがちょっとだけ小さくて入らないって時はドライヤーで温めて柔らかくしてから差し込むのが簡単で良いですよ(^^)

バル可動5

ジョイントパーツを取り付けるために胴体パーツについている差し込み用ピンを切り落とします。
デザインナイフでやったんですがニッパーなどでも大丈夫だと思います(^^)

バル可動6

胴体パーツのピンを切り落とした場所をミニドリルでジョイントパーツが差し込めるくらいの穴をあけます。
ミニドリルのサイズがジョイントパーツよりも大きかったらゆるゆるになって落ちてしまうので気をつけてくださいね!!

バル可動7

どうですか!?
左肩を上げてみました♪
なかなか良くなったと思いませんか??
個人的にはかなり満足してます(^^)

バル可動8

こんなポーズもとれるようになりました(^^)
こうなってくると下半身のポージングも変更したくなってきますw

バル可動9

ちなみにポージング改造+可動改造していないバルバトスで同じポーズをしようとしたらこんな感じになります!
左手に穴があいてないので武器を持たせるために穴をあけようか迷っています(^^;)

次回は何をするかまだ決めてないんですけどバルバトスの下半身のポージング改造かシャア専用ザクⅡの部分塗装になるんじゃないかなと思います♪

新しく発売されるガンダムコンバージの最新情報も公開されたので近々紹介しますね(^^)

『やん光房』ではガンダムコンバージのレビューや色々な改造を紹介しています♪
ガンプラのLED改造もたまにですが紹介しています!

パソコンでご覧の方は右側のサイドバーにカテゴリー一覧があります!
スマホでご覧の方はもう少し下にスクロールして頂いたらカテゴリー一覧が出てきますので見ていってもらえたら嬉しいです(^^)

ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする