TP1




ゾイドワイルド塗装編。エアブラシセット『メテオ』を使って塗装しよう♪準備編

今回はゾイドワイルドの塗装に使っているエアブラシセット『メテオ』を紹介したいと思います♪

エアテックス エアーブラシ METEO (メテオ)

私がゾイドワイルドの塗装に使っているのが今回紹介するエアブラシセット『メテオです♪エアブラシをやってみようかなと考えた事がある方は見たことも聞いたこともある名前だと思います(^^)


エアテックス エアーブラシ ワークセットMETEO (メテオ)

エアブラシセットです♪

以前エアブラシを使って塗装した事があるんですがその時はコンプレッサーではなくてエア缶を使って塗装していました。

エア缶の問題点

エア缶でも問題なく塗装は出来ていたんです!

ただ何本か使っている内にふと思ったんです。。

空気を買っている??

そう考えると何かもったいない気がしてエア缶を使っての塗装を止めてしまったんです(^^;)当時は学生でコンプレッサーを買うお金もなかったので塗装するのをやめたんです。

筆塗りは全くダメだったのであきらめましたw

赤12

当時塗装したものではないんですが2年前に筆塗り塗装したのがこれです(^^;)

下手なんですw

メテオを購入した理由

どうしてメテオを購入したかと言うと一番の決め手は『安さ』です!

これがメテオをおススメする理由でもあるんですけどエアブラシとコンプレッサーがセットで8300円でしかも送料無料なんです♪(Amazonなので日によって多少値段が変わります)

上を見上げれば高いエアブラシもコンプレッサーもあるんですがとりあえずやってみようかなと考えている方はメテオみたいな安いセットでエアブラシ塗装を体験してみるのがいいかなと思います(^^)

エアブラシ塗装は初心者でもキレイに塗装出来るんですが・・使い終わった後のメンテナンスや個人的に苦手な希釈などあるのでまずは体験してみるのがおススメです!

開封

それではメテオを開封したいと思います♪

m4

Amazonで購入しました(^^)

予想していたよりもかなり小さかったですw

m5

箱を開けるとコンプレッサーは更に小さかったですw

m6

これがセット内容になります。

  • エアブラシ
  • コンプレッサー
  • ホース
  • アダプター

の4点セットです♪

コンプレッサー仕様

コンプレッサーの仕様について紹介します♪

m7

予想より小さかったコンプレッサーの大きさは長さだけ言うとスマホよりも小さかったです!

m8

ちょっと比較しているものが微妙なんですがコンバージの外箱よりも小さかったです。

m9

高さはちょっとコンプレッサーの方が高さがありました。これだとコンバージのナイチンゲールを持っている方じゃないと大きさが分からないのでもっと分かりやすいものと比較します(^^)

m14

コンプレッサーはアダプタを付けてから使用します。

m15

電源を繋げると『ON/OFF』と『MODE』のボタンが点灯します。ON/OFFのボタンを押すとコンプレッサーが作動します。

MODEボタンで3段階の風量を調節することが出来ます。3つの小さなランプが3つとも点灯しているのが『強』で2つ点灯が『中』1つ点灯で『弱』になります。

今のところ3つ点灯の『強』で毎回塗装しています♪

m16

m17

コンプレッサーとハンドピースはホースで接続します。ホースの長さは1mを超えているので短いと感じたことはありません。

作動音

私は倉庫で塗装をしているの作動音は特に気にしてなかったんですがもし部屋の中で塗装すると考えるとコンプレッサーの作動音は大きいと思うかもしれません(^^;)

動画は『強』運転での作動音になります。『弱』運転にすれば多少は音が小さくなりますが言うほど変わりはない感じです(^^;)

みんなが寝静まった夜に塗装となると厳しいかもしれません。。使ったことが無いので分からないんですが高いコンプレッサーは作動音が小さいんだと思います!

『動作音量50db以下』

動作音量は50db以下と記載されているんですが計ることが出来ないので分かりませんw

50dbを調べてみると普通の事務所の中と説明されてるんですが職業上事務所で仕事をしていないので分からないんですが普通の事務所よりは音は大きい気がします。

ハンドピース仕様

次にセットになっているハンドピースを見てみます♪

m10

ケースにはいっています!前回使用したハンドピースは下にビンを取り付けるタイプだったのでこの形状のハンドピースは初です(^^)

m11

以前からの憧れだった形状のハンドピースでした!

ちなみに前回使っていたハンドピースはこの形状です。

ハンドピース仕様

ハンドピースの仕様を紹介したいと思います♪エアブラシ初心者なので詳しい事は申し訳ないんですがまだ分かりません(^^;)

『ダブルアクション』

ダブルアクションというタイプでボタンを押すと空気が出てボタンを引くと塗料が出てきて塗装することが出来ます。

ボタンの引き具合で塗料の量を調節できるらしいんですがまだ塗料調節レベルまで行っていないので毎回全開まで引いていますw

『0.3㎜ノズル』

ハンドピースのノズルは0.3㎜になっています。ノズルの径が細いほど細い線で塗装が出来るみたいなんですが詰まりやすいというデメリットがあるみたいです。

ゾイドワイルドを塗装していてるんですが0.3㎜のノズルで困るようなことは特にないです♪まだ始めたばっかりなのでこれから困ることがでてくるのかもしれません(^^;)

残念ながらこのハンドピースはノズルの交換が無理みたいです。。

まとめ

今回はエアブラシセットのメテオのセット内容の紹介しました♪

m13

ゾイドワイルドをこのメテオを使って塗装したんですが想像以上に上手に塗装することが出来ました(^^)

筆塗りと比べると仕上りが全然違って初心者でもこんなにキレイに塗装出来るんだとちょっと感動しました!

次回は塗装に使っている道具とあると便利な道具を紹介して実際にメテオを使っている様子も紹介する予定です♪

ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする