TP1




ポケモンGOで注目の100均ダイソーの『プチ電車』をLED改造してカッコよくしよう!実践編

リオオリンピックが始まりましたね♪朝仕事に行く前にこのやん光房の更新をしてるんですけどテレビをつけるとオリンピックの放送をやっていてついつい見入ってしまうんですよね(^^)おかげでなかなか作業が進みませんw

今回はポケモンGO『卵ふ化自動装置』で使用した100均のプチ電車をLED改造する実践編を紹介したいと思います!LED改造の基本的な作業になるのでLED改造をやってみようと考えている方はぜひ見ていってくださいね♪

100均ダイソー『プチ電車』にLEDを取り付けよう!

今回LEDを取り付けるのはコレです!

プチ6

100均ダイソーのオリジナル商品の『プチ電車』です!この電車のヘッドライトに3ミリの砲弾型LEDを取り付けてみようと思います♪

LED改造に必要な材料と道具

今回のLED改造に必要な材料と道具を紹介します(^^)今回のLED工作は簡単な内容なので道具も材料も少なくてすみます。内容はガンプラのLED化改造にも使える工作内容なっています♪

リアル店舗だと入手が難しいLED

LED工作で一番入手が難しいのって実は『LED本体』なんですよね…ネットで日常的に買い物をやっている方は簡単に入手することが出来るんですけどネットで買い物をしない方はLEDを入手するのが大変だと思います。

リアル店舗で入手する場合近くに電子パーツ専門店みたいなお店があれば良いんですがなかなか無いと思うんですよ。。となるとホームセンターになってくると思うんですがホームセンターでも超大型店クラスにならないとなかなか置いてないんです(^^;)

必要な道具と材料

今回の改造で必要な道具と材料を紹介しますね(^^)

道具

  • ハンダごて
  • 2ミリと3ミリのミニドリル
  • ニッパー
  • 万力
  • ホットボンド
  • 簡易電源装置

材料

  • 3ミリ砲弾型LED
  • 配線
  • ハンダ

今回使用するのはこれだけで大丈夫です!

使用する道具ですがハンダごてと簡易電源装置以外は100均で揃えることが出来ます。ただホットボンドは200円商品となります。私が使っている簡易電源装置は100均の材料だけで作ったものです♪

コチラで紹介してますので気になる方はご覧ください(^^)

これは無くても出来ない事はないんですけどあったらかなり便利なんです!LEDがちゃんと点灯するかどうかは点検しながらやらないと一気に作業をすすめていざ点灯しなかったら精神的ダメージがかなり大きいんです..

プチ電車に取り付けるLEDを作ろう!

まずはヘッドライトに取り付けるLEDを作ります。作ると言っても3ミリの砲弾型LEDに配線をハンダづけするだけです♪

まずはどんな感じになるのか試験点灯をさせるための配線付きLEDを作ります。

プチ7

配線です。配線はダブルでもシングルでもどちらでも大丈夫です♪今回は車用のLEDテープ取り付けの時にあまったダブルコードを使います。

プチ8

まずは配線の先の部分の被膜をニッパーで取ります。最初は力加減が難しいと思うので切り口をカッターナイフで一周切り込みをいれると簡単に被膜をとることが出来ます♪

プチ9

これが今回使う3ミリ砲弾型LEDです。右側が通常の形になります。左側は配線を取り付けるためにLEDの足を広げている状態です!

プチ12

ここで『簡易電源装置』の登場です!まずLEDがちゃんと点灯するか確認します。LEDにも初期不良で最初から光らないLEDもあるのでまずは光るかどうかを確認した方がいいですよ(^^)

プチ13

ちゃんと点灯しました♪このLEDは大丈夫なので配線取り付けの加工をしていきたいと思います♪

プチ10

足を広げたLEDに先ほど被膜をとった配線を巻きつけます。LEDはハンダごてをしなくても光るのは光るんです♪ただ配線がとれないようにハンダをつかっているだけで配線を電源とつなげてあげれば光るんです(^^)

ダブルコードを使う場合はせっかく色がわかれているので配線が赤黒の場合は赤をプラスに黒をマイナスに繋ぎましょう!LEDは足が長い方がプラスになります♪

プチ11

電源部に繋げるためにLEDを取り付けは反対側も被覆部分をとります!LEDの加工はここでひとまず終了です(^^)次は車体の方を加工していきます。

LEDを取り付ける為に電車を加工しよう!

次は電車の加工をやります♪ヘッドライトにLEDを取り付けるので電車のヘッドライト部分にLEDを埋め込む為の穴をミニドリルで開口します!

プチ14

ヘッドライト部分にライトを表現したような塗装がしてあります。せっかくなのでこの部分に穴をあけたいと思います!必要な道具で2ミリと3ミリのミニドリルと書いていたんですがこれはいきなり3ミリだと穴をあけるのが硬くて力任せでやると最悪パーツが割れてしまう恐れがあるんです(^^;)

なのでまず2ミリのミニドリルで穴をあけてその後に3ミリのミニドリルで穴を大きくするのがおススメです(^^)

プチ15

2ミリのミニドリルで穴をあけた状態です。この後3ミリのミニドリルでLEDが入るように穴を大きくします!

プチ16

分かりづらいと思うんですが穴を3ミリの大きさまで大きくしました!ここにさっき加工した3ミリの砲弾型LEDを埋め込みます(^^)

プチ17

プチ18

LEDを仮付けしてみました♪なかなか良い感じですね(^^)

LEDを光らせてみよう!

ではでは早速光らせてみましょう♪確認のために光らせるのが一番の目的なんですがこのLEDを光らせる時が毎回楽しいんですよね~(^^)今でもこの光らせる時はワクワクしますもんね!

プチ19

無事に点灯しました♪この段階でもしつかなかった場合はプラスマイナスが逆に繋がっているか配線同士がくっついているかのどちらかの可能性が高いです!たまに電池切れという場合もあります(^^;)

LEDの色は白色で成功でした!あとは片方のヘッドライトの穴を開口してLEDを取り付ければ完成!だったらいいんですけど…電源部を電車に搭載させる必要があるのでもう少し手がいります(^^;)

まとめ

今回はここで中断します!どうしてかと言うとちょっと信じられない勘違いをしていたんです。。

プチ20

これが電車の駆動部分になるんですが単3電池が1本の1.5V仕様だったんです。。LEDを光らせる為には電圧が3V必要なのでこれだと光らないんです(^^;)

LEDをヘッドライトに取り付けて駆動車両から先頭車両に配線を伸ばすだけのつもりがこの方法だとダメだという事に気づいたんです!気づくのがだいぶ遅かったですw

この電源部問題を解決する方法が見つかり次第続きを紹介したいと思うのでちょっとお待ちください!頑張って良い方法を見つけきます(^^)

ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする