TP1




ガンプラ塗装〜SDEXシリーズRX-78-2ガンダムにサーフェイサーを吹き付け編

今回はガンプラSDEXシリーズの『RX-78-2ガンダム』にサーフェイサーを吹き付けしたのでその様子を紹介したいと思います!

サーフェイサーを吹き付ける準備をしよう!

今回はRX-78-2ガンダムを筆塗りで塗装しようと計画しているんです♪もともとが白いパーツはそのまま塗装すれば大丈夫だと思うんですけど赤パーツに白色とか青パーツに黄色だと上手く塗装出来ないと思うのでサーフェイサーを使うことにしたんです(^^)

クリップを固定する台は断熱材

前回クリップを紹介したんですがクリップを固定する台が必要だったのでとりあえず台になるようなものを探してみました!そして見つけたのがコレです♪

筆8

断熱材です。スタイロフォームって言う場合もあるんですが家の床下なでで使われる断熱材です!戸建ての建築現場やリフォームの現場で端がよく捨てられています♪これはジオラマ製作にも使える優れものなんです(^^)

クリップを開封しよう!

この日の為に長い間机の奥で眠っていたクリップを開封します!

筆3

これが今回開封するハイキューパーツ製のクリップです。

筆9

筆10

固い金属の棒にクリップが取り付けてある作りになっています。これを見てふと思ったんです…100均の材料で作れそうwクリップと固い金属の棒があれば出来そうです(^^)今度作ってみるので上手くいったら紹介しますね♪

パーツをクリップに固定しよう!

早速パーツをクリップに固定しようと思います!サーフェイサーを吹き付ける面以外の部分をクリップで挟んでみました。

筆11

何か雰囲気でてきましたよ♪これだけで上手く塗装出来そうな気分になりますw

筆12

こんな感じで塗装に関係が無い部分をクリップで挟んでいます。多分こういう使い方で大丈夫だと思います!早速サーフェイサーを吹き付けていきたいと思います(^^)

サーフェイサーを吹き付けよう!

この撮影台でサーフェイサーを吹き付けると色々と大変なことになってしまうので吹き付けは場所を移動してやりたいと思います!移動と言っても同じ倉庫内なんですけどね♪

筆13

ちょっと分かりづらいかもしれませんが段ボールで囲いを作ってみました!サーフェイサーと言っても塗装と同じようなものだと思うので塗料が飛び散らないように段ボールで囲っています(^^)

サーフェイサーを吹き付けた結果・・

段ボールでばっちり囲ったので早速サーフェイサーを吹き付けてみました!スプレー缶で塗装する時と同じようにパーツが無い場所でボタン?を押して噴射しながらパーツを通過させてみました!

筆14

これが成功なのかどうなのか分からないんですがうっすら白くなっています!これを何度か繰り返せばその内真っ白になるはず!と思ってひたすら繰り返しました(^^)

筆15

さっきよりもパーツが白くなっています。ただ何回繰り返しても白くならない部分があったんです…恐らく同じ方向から吹き付けしていたのが悪かったんだと思って色々な方向から吹き付けてみました♪

筆16

まだ完全じゃないけどまぁまぁ白くなってきました!後は乾いてからクリップで挟む場所を変えてからやってみようと思います(^^)

まとめ

今回筆塗りの下準備としてサーフェイサーを吹き付けたんですが今まで机の奥底に眠っていたクリップを開封して挟んでみると何もしていないのに上手くいっている気がしてさっさとサーフェイサー処理をしたんです。

そしてふと気づいたんです…そういえばガンプラの本買ったんだとw

そして本を見てみるとサーフェイサーのやり方が載っていたんです!そこにはクリップで挟んだパーツをゴム手袋した手で持ってからスプレーしている衝撃的が画像が載っていたんです!!

このクリップを手で持ってから吹き付けるのが正しいやり方みたいです(^^)そしてパーツとの距離は15cmらしいです!私50cm以上離れてやってましたよ..だからなかなか白くならなかったのかもしれません(^^;)

なのでパーツが乾いたら手で持ってから吹き付けしてみたいと思います!なので明日ゴム手袋買ってきますね♪

ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする