TP1




RGシナンジュをLED改造しよう!第3回〜バーニアにひたすら穴をあけていこう!編〜

今回も前回の続きでRGシナンジュのLED改造を紹介します♪今回紹介する内容はですね・・とても地味な内容になっていますwただLED改造には必須の作業なので見ていってくださいね♪

バーニアにLEDを取り付けよう!

今回のRGシナンジュLED改造ではモノアイとバーニアをLEDを取り付けようと考えてるんですよ。モノアイ用の緑チップLEDがまだ届いていないので先にバーニアの方を加工していきます!

バーニアには白チップLED

バーニアには白色のチップLEDを埋め込みます。オレンジとかも有りかなと思ったんですけど・・

やっぱ白ですね!

これは好みなので青とか緑でもいいと思います(^^)LED取り付けは色が違っていても作業内容は一緒です♪

バーニアにLEDを取り付けるために

バーニアにLEDを取り付けるためにバーニアの接続部分に穴をあけます。

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%82%a22

このバーニアを取り付ける部分に今からひたすらミニドリルで穴をあけていきますw

ひたすら穴をあけていきます!!

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%82%a2%ef%bc%93

これがバーニアのパーツになります。このジョイント部分をミニドリルで穴をあけていくんです。この作業が予想以上に疲れるんですよ…

ミニドリルのサイズは0.8mmの100均製

今回最初に使ったミニドリルは100均製の0.8mmのミニドリルです。

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%82%a2%ef%bc%94

両方とも100均のミニドリルで上のが1.0mm下のが0.8mmです♪ミニドリルが太すぎると余計なところまで開口してしまう可能性があるので今回は0.8mmを使うことにしました!

今回使用する銅線が0.1mmなので0.8mmでも全然余裕なんです(^^)

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%82%a2%ef%bc%95

この3ヶ所に穴をあけていきます。真ん中は両側に比べてジョイント部分が小さいのでさらに小さい0.5mmのミニドリルを100均に買いに行きました。

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%82%a2%ef%bc%97

このパーツのジョイント部分も小さいので0.5mmのミニドリルで開口する予定です。0.8mmだとジョイント部分の内部がほとんど無くなって強度が弱くなってしまう気がするんですよね(^^;)

実際にパーツにミニドリルで穴をあけてみよう!

それでは早速作業をやって行きたいと思います♪地味で絶妙にキツイ作業ですが頑張っていきましょう(^^)

最初100均のミニドリルでひたすら穴をあけていたんですけど途中で手に限界が来てしまったので途中からミニドリルをプラモデル用に変えたんです!

やっぱ違いますね!

100均のと比べると楽々作業できました♪

ジョイント部分の中心に穴をあけよう!

まずはこのパーツから穴をあけていきます。

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%82%a2%ef%bc%98

このパーツはジョイント部分が大きいので0.8mmのミニドリルを使います。理想としてはジョイント部分の中心に穴をあけるのが良いんですがこれが難しいんですよね…

多少ずれていても大丈夫ですので中心からズレても落ち込まないでくださいね!

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%82%a2%ef%bc%99

こういう感じで穴をあけます♪

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%82%a210

あまり力を入れ過ぎるとミニドリルが折れてしまうので焦らずにやってくださいね(^^)

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%82%a211

左右対称に穴をあけるのはほぼ不可能なのであまり神経質にならない方がいいです!先はまだまだ長いですからね(^^;)

ミニドリルを交換

穴あけ作業を黙々とやっている時にふと思い出したんです。

『ミニドリル持っとる!』

道具箱を探すと・・ありました!!

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%82%a212

プラモデル用のミニドリルです♪

しかもミニドリルのサイズが0.8mmでしたw

これは使える!!と思ってこのプラモデル用ミニドリルで開口することにしました♪最初からこのミニドリルでやっとけばよかったんですけどね(^^)

作業スピードアップ&疲れ軽減

やっぱり道具って大事だなぁ~ってことが分かりました!

ミニドリルを変えてから手へのダメージ軽減と作業スピードがアップしたんです(^^)

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%82%a213

こうやって並べると分かるんですけどまず大きさが違うので持ちやすいんですよね♪一番下のミニドリルは新しく買った0.5mmのミニドリルです。刃が細くて見えないでしょw

%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%ab14

ミニドリルの刃が違うのかどんどん穴があくんです!ただミニドリルを変えたからと言って穴が中心になるってことは無いので期待しないでくださいね(^^)

穴をあける時の注意点

穴をあける時に気をつけたいのがミニドリルの刃についたカスを取り除くということです。

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%82%a214

ミニドリルの刃に穴をあけた時のカスが付いているのが分かると思います。このままだとカスが邪魔をしてしまうので少し穴をあけたらカスを取り除いてからまた穴をあけるようにすると効率が良いと思います(^^)

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%82%a215

こんな感じでミニドリルの刃先はキレイな状態にしておきましょうね♪

加工をしたバーニアパーツ一覧

LEDを取り付けるために加工したバーニアパーツを紹介したいと思います♪

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%82%a216

真ん中のジョイント部分だけは0.5mmで開口しています。

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%82%a217

このパーツも0.5mmのミニドリルで開口しました。

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%82%a218

0.5mmのミニドリルで開口する場合は刃がかなり細いので折れないようにかなり注意する必要があります!ちょっと力を入れ過ぎてしまうとポキッといってしまいますからね(^^;)

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%82%a219

今回穴あけ加工したパーツ一覧です。穴あけしたのは全部で12カ所でした(^^)

まとめ

今回はLEDを取り付けるためにバーニアにひたすら穴をあけていきました!ジョイント部分が小さいパーツもあったのでどうなるかと思ったんですけど何とか無事に全部のパーツに穴あけすることが出来ました(^^)

今回使った道具はミニドリですが100均のものよりプラモデル用のミニドリルの方が使いやすかったです♪バーニアがたくさん付いているガンプラをLED化するんだったらミニドリルを1本入手した方がかなり効率が良いと思います!

次回はチップLEDに銅線をハンダ付けしていく作業になります♪今回に引き続き大変な作業になりそうです(^^)

ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする