TP1




ゾイドワイルド改造編。ついに完成!!ガブリゲーターのメタルミキサーを回転改造しました!

今回は念願だったガブリゲーターの『メタルミキサー回転改造』が完成したので改造方法を紹介したいと思います!今回は長いですw最後には動画があふれています(^^)

やってみたかった3つの改造

ゾイドワイルドのガブリゲーターを作ってからやってみたい!と思った改造が3つあったんです。

  • LED発光改造
  • 塗装
  • メタルミキサー回転改造

この3つがやってみたいと思った改造でこの中で出来たのが『LEDの発光改造』で塗装改造は一番最後にしないと塗装してから分解を繰り返すと塗装が剥がれてしまいそうだったので最後かなと。

そうなると次にやる改造は『メタルミキサーの回転改造』だったんです(^^)今までLED改造はガンプラなどでやっていたので上手くいったんですけどこういう機械的な改造はやったことなかったのでなかなか実行に移せなかったんです。。

初物苦手なんですw

メタルミキサー改造

初代ガブリゲーターはギア部分に配線を通してしまっているので2代目ガブリゲーターのメタルミキサーを回転させることにしました。

考察

メタルミキサーを回転させるには駆動ユニットの上にある未使用のギアを前面にも移設すれば出来るんじゃないかと考えたんです。

m26

このガブリゲーターでは使われていないギアを・・

m2

こんな感じで移設すればメタルミキサー回転すると考えたんです!回転しそうでしょ(^^)

改造

それでは早速改造して行きたいと思います!とりあえずギアを前面に持ってくるためにユニットに穴をあけます。

※この軽はずみな行動が今覚えば間違ってました。。。

m3

移設するギアの細い部分が通るようにユニットに穴をあけたんですが問題が発生したんです。

m2

こんな感じでの移設を考えていたんですがこの時ギアが1つ外れていたんです。

m27

このギアです。

このギアを取り付けないといけないので移設するギアはまだ外に出さないと収まらないんです(^^;)なのでギアの細い部分が通る穴では無くて太い部分が通る穴を開ける必要があったんです!

軸ブレ問題

穴を大きくしてギアを通したんですがここで壁に当たってしまいました。どうすればいいか全く分からなくなったんですw

今考えるとこの時は移設するギアだけを使ってどうにか出来ないかばかり試していて他に部品を使うと言う考えが全くありませんでした。

この時ぶつかっていた最大の問題は軸のブレ問題でした。

m1

この上にギアがある場合(元々の状態)は軸を受けるための加工がしてあるんです。

m28

ちょっと分かりづらいですが軸を受ける部分がちゃんとあるので軸が固定されてギアが回転するんです。

画像のように前面にギアを移設すると軸を受ける部分が無いのでギアが上手く回らなかったんです。

この軸ブレ問題でまず心が1回折れて改造を中断しましたw

ギア分解

気分転換に軸受け改造から離れることにしましたw

移設しようと考えているギアですが実は分解ができたんです!2つのパーツに分解することが出来ました。軸の長さも変えることができたのでいよいよ軸受けが大きな問題になってきました(^^;)

他パーツ流用

ギアが分解できて軸の長さも変えれることが分かったんですが改造の一番初めにギアを移設するために大きな穴をあけてしまったのが大きな問題になってたんです(^^;)

ギアが通る穴を開けてしまったのでギアがユニットの内側で留めておきたいのに留めることが出来なくなっていたんです。。

どうしようと悩んでいる時にふと横を見ると・・

あったんです!!

分解された100均のおもちゃが!!

以前100均グッズだけでガブリゲーターを改造した時に使用したおもちゃが目に入ったんです。

m25

ちょっと画像を撮り忘れてパーツを抜いた後なんですが100均の車のおもちゃにはギアが使われていて今回開口してしまった穴よりも大きなギアが手に入ったんです♪

軸に使われていた金属の棒も短かったので長いものに変更しました。軸の太さは1.5mmだったのでホームセンターでアルミかステンレスを買おうかと思ったら1.5mmはピアノ線しかなかったので今回はピアノ線を使っています!

m4

他のパーツ流用して出来たのがこんな感じです。使ったのは100均おもちゃのギアと1.5mmのピアノ線です。今回100均のおもちゃのギアを使ったのは穴を大きくあけてしまったのが原因なのでも開口サイズを小さくすればギアを分解せずにそのまま使えるのかもしれませんがまだやっていないので上手くいくかは分からないです(^^;)

m29

ここまで来ると最後は軸受け改造が上手くいけば成功しそうな気がしてきました!

軸受け改造

軸受けが避けては通れないことが分かったので軸受け改造をどうにかして作れないか考えてみました。

m2

何度も同じ画像すいません(^^;)この画像が分かりやすいんですがギアの軸受け部分とギアの軸を差し込む間の隙間にちょうど前面の軸がきているの分かりますか??

m30

この隙間を使って軸を固定できないか考えた結果・・・

m7

出来ました!!

軸受けと軸差し込み穴の隙間に電池用の端子を差し込んで軸を固定しました!今回はこの隙間に入ったのがこの端子だけだったので端子を使ったんですがある程度硬さがあるものであれば大丈夫だと思います(^^)

m5

m8

これで軸受けの問題もクリア出来ました!後はユニットを元に戻して取り付けたピアノ線が回転するかテストします!

確認事項

ユニットを元に戻す前に1つ確認しておくことがあります。

m31

この2つのギアがちゃと噛み合っているか確認してくださいね♪

m10

ユニットを元に戻すとこんな感じです(^^)

m11

正面から見ると穴を大きくあけ過ぎてしまったのが良く分かるかと思います(^^;)ピアノ線が通る2mm位の穴でもいいんじゃないかなと思うんですけど実際やっていないのでちょっと断言できません。。

パーツ加工

ユニットが上手くいったので次は周りの関連パーツを加工します。

m19

ユニットからメタルミキサーまでピアノ線を通さないといけないので画像の小さな穴を開けている部分をくり抜きます。

m20

こんな感じでくり抜きます。画像のラインだと少し低すぎたのでやり直ししています。

m17

両側のパーツをくり抜きます。元々くり抜いたのが下過ぎたのでくり抜き部分が広くなってしまいました(^^;)

m18

こんな感じです♪軸がちょうど中心にあるのが理想です。軸が上や下にあるとメタルミキサーの加工がややこしくなってしまいます。

m22

この穴が中心に来るのが理想ですが多少ずれても大丈夫です♪

メタルミキサー加工

最後にメタルミキサーを加工します。

m23

ノコギリで少しずつ上から下からと切って行きました!

m24

あとはピアノ線を差し込む為の穴を1.5mmのミニドリルであけます。穴が大きすぎるとスポスポ抜けてしまうので気を付けてくださいね!

m15

黄色いラインを見てください。メタルミキサーが少し下がっているの分かりますか??

m12

軸を通す穴が最初開けた時に下過ぎたので軸が中心よりちょっと下がってしまっているんです。修正にプラ板を軸の下に入れて少し持ち上げました。

少し下がっていても回転はするので問題は無いんですけど待望の改造だったのでちょっとこだわってみました♪いつもなら気にしないタイプですw

テスト動画

ガブリゲーターを組み立てる前にメタルミキサーがちゃんと回転するかテストしてみます。

おおぉー!!!

感動の瞬間です!

あまりに嬉しかったので3分位回し続けてましたw

完成

ついに完成です!途中で心が折れて諦めようと思いましたが何とか完成しました(^^)やっぱり機械的な改造はLEDと比べて難しかったです。

それでは完成したメタルミキサー回転動画をたくさん用意しましたので見てくださいw

完成動画

サイトに動画を載せる為には1度『YouTube』に動画をアップしないといけないみたいなんです。

なので今『YouTube』でガブリゲーターを検索すると自分がアップした動画がたくさん出てきますw

ではでは動画をご覧ください♪

パート1

パート2 正面バージョン

パート3

https://youtu.be/Snm6jFXgvqI

どうしたわけかこの動画だけ表示されません(^^;)クリックすると見れるんですけど。。こちらは『アップ動画』になります♪

パート4 全体バージョン

いやー大満足です♪

気づかれた方もいるかもしれませんが・・実はガブリゲーターの目が仮面ライダーローグ仕様になっています(^^)

m33

ウサギゲーター同様仮面ライダーコンバージの『仮面ライダーローグ』を取り付けています。後ろに見えるのが初代ガブリゲーターです♪

これで残りの塗装改造をやればやりたい改造が全部終わる予定だったんですが・・

m34

初代ガブリゲーター分解されています。。またやりたい改造を見つけてしまいましたw

成功したら紹介しますね(^^)

ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする