TP1




デスレックス改造編。ドリルユニットを改造して荷電粒子砲を再現してみました!LEDとスイッチを増設しています♪

今回はデスレックスのドリルギミックを改造して荷電粒子砲を再現してみたので紹介したいと思います♪

荷電粒子砲

今回はデスレックスのドリルギミックとLED発光ギミックを使って荷電粒子砲を再現します(^^)

ゾイドの初期シリーズでデスザウラーが好きなのでゾイドワイルドで荷電粒子砲をやってみたかったんです!デスレックスの2つのギミックがあれば再現できそうなのでとりあえずやってみようかなと♪

作戦

デスレックスには発光ギミックが最初からあります。LEDはワイルドブラスト時に発光するような作りになっているんですがスイッチのところに3V電源の配線があるんです。

l21

スイッチの右側の端子に繋がっている赤線と黒い線にLEDを繋ぐとスイッチを入れたらワイルドブラスト関係なくLEDが光るようになります。

なのでLEDを1個増やしてスイッチON電源で光るLEDとワイルドブラスト時に光るLEDの2個仕様にしてみようかなと考えています(^^)

100均ライト

荷電粒子砲に使えそうな材料を探しに100均に行ってきました。何か材料を探す時はまず100均に行きます♪ただ本来の使い道と違う使い方をするので探すのがなかなか大変なんです(^^;)

今回100均で見つけたのはコレです!

k1

見つけた瞬間にこれは使えそう!と即買いしましたw

測ったりしたわけではないんですがこの赤色のパーツがユニットにちょうど取り付け出来そうな気がしたんです♪

k2

早速開封です。黒い部分はゴム素材でした。LEDは点滅するような作りになっていたんですが今回は赤色のパーツだけを使うのでLEDも基盤も使いません!

k3

赤色のパーツを押すと点灯→点滅→消灯と切り替わります。

k5

明るさはまぁまぁの明るさでした。多分チップLEDが使われていると思います。

k6

赤いパーツを取り外す為に分解しました。100円でこれだけの材料が手に入ると考えたらお得だと思います(^^)まぁ使い道があればですけどねw

早速ユニットに取り付けしてみます♪

k7

k8

良い感じです(^^)赤色パーツだけでは緩かったので白いゴムを付けています。多少の加工が必要かなと思ったんですがまさかの無加工でいけました!!

ユニット改造

材料もそろったのでユニットを改造していきます!前回ドリルをガトリングガンと交換してLEDを取り外していたのでそこからのスタートになります。

b9

ガトリングガン仕様はこんな感じです♪

分解

まずはユニットを分解します。

k9

前回ガトリング仕様にしていたのでLEDは付いていません。その前にLEDを超高輝度LEDに交換したので配線の色が変わっています。

配線

まずはLEDの取り付け場所までスイッチから配線を通します。

k10

赤色の配線を使いたかったんですが無かったので黒色で配線しています。プラス線なので赤色がよかったんですけどね(^^;)

黄色の配線がスイッチの右側の端子なので3V電源になります。黒色の配線がスイッチの左側でスイッチをかんでいるのでワイルドブラスト時に光る配線になります。

LED取り付け

3V電源の方に今回は白色LEDを使う事にしました!白色LEDで荷電している感を再現しようかなと(^^)

k11

黄色が3V電源なので黄色線をLEDのプラスに青色線をマイナスに繋ぎます。

k12

スイッチONで点灯します♪予想よりも明るかったです(^^)次にワイルドブラスト時に光るLED取り付けます。

k13

黒色がスイッチをかんだプラス線でマイナス線が必要になってくるので白色LEDのマイナス側に青色の配線をハンダ付けします。

k14

配線を通すための穴をあけます。この穴に黒色の線と青色の線を通して赤色のLEDをとりつけます。

k20

こんな感じになります♪ここでLEDがちゃんと点灯するか試してみます。

テスト点灯

せっかくなので赤色パーツも取り付けて試してみます♪

k17

それではスイッチを入れみたいと思います!!

スイッチ・・

ON!!

k21

おぉー!!

まずは白色LEDが点灯しました!!

歩行モードなのでワイルドブラストモードまで待ちます・・・

k22

おおぉー!!!

これはなかなか良い感じですよ(^^)

スイッチオンで白色LEDが光ってワイルドブラストで赤色LEDが光るようになりました!!

作戦再び・・

当初の予定通りに出来たんですが・・良く考えてみたらちょっと違う気がしてきたんです(^^;)

ワイルドブラスト時だけじゃなくて歩行モード中にも白色LEDが点灯するのはちょっと光り過ぎじゃないかなと・・

それよりも・・

ワイルドブラスト時に光るという事は口を閉じた状態でも赤色LEDが光ってしまうのはダメなんじゃないかなと・・

口を開いた時に荷電粒子砲発射!!

みたいな感じに光った方がカッコいいんじゃないかなと思ったんです!

ユニット再改造

作戦を練り直したので発表します!

ワイルドブラスト時に白色LEDが光って口を開けた時に赤色LEDが光る仕様で作り直したいと思います(^^)

ドリルギミック

口を開いた時にLEDが点灯する為にはスイッチを取り付ける必要がありそうです♪デスレックスのドリルは口の開閉に合わせて前後に動くのでこのギミックとスイッチを使ってLEDを光らせてみます(^^)

スイッチ増設

口が開いた時だけLEDが光るようにするためにスイッチをユニット内部に取り付けます。

k23

スイッチを取り付けるためにプラ棒をユニットの幅でカットしてホットボンドで固定しています。本当はギアが動いてスライドする部分に付けたかったんですがパーツがスライドするのに邪魔になりそうなので諦めました(^^;)

k35

ドリルギミックが一番伸びきったところで当たらない位置にプラ棒を取り付けます。ここが伸びきる前に当たってしまうと『ガガガッ』と嫌な音がしますw

k24

プラ棒にスイッチを取り付けます。ドリルギミックが伸びきったところでスイッチを押すような位置に取り付けます。画像の位置だとドリルギミックが伸びきる前にスイッチに当たってしまって上手く作動しませんでした(^^;)

k25

スイッチへの配線はマイナス線の間に割り込ませるような感じで取りつけています。これはプラス線でも大丈夫です(^^)

k26

次に配線のやり直しをします。黄色の線は3V電源の線なので今回は使わなくなりましたw

黒色がスイッチをかんでいるので白色LEDに黒色線を繋いでそこに新しく黄色の線を繋げます。黄色の線にスイッチをかませていれば色が統一出来ていたんですが。。

k28

ちょっとゴチャゴチャして分かりづらいですが(^^;)

スイッチから配線した黄色の電源線は今回は使わないんですが今後使うかもしれないのでユニットの中に残しておきます。

注意点

あとはユニットを組んで復元すれば完成なんですが実はここから結構時間がかかったんです(^^;)

ユニットを戻してスイッチを入れても赤色LEDが光らず引っかかっているような音がしたのでバラして確認して見ると

k36

赤線で囲っている部分がスライドするのに配線が邪魔をしてギミックが動かないのが原因でいした。ここに配線を通す時はなるべく下に押し込んでスライドの邪魔にならないようにする必要がありそうです!

他にもビスのしめ忘れでギアが噛み合ってなくて動かなかったりスイッチの位置の調整だったりと一番時間がかかったのがこのユニットを元に戻す作業でした(^^;)

一度心が折れたので翌日に持ち越しましたw

完成動画

ユニットを元通りに組んでテストしたらちゃんと点灯したので復元させます!5回連続で成功したので大丈夫だと思います♪

スイッチをONにして歩行モードからワイルドブラストモードに切り替わるまでの時間が何とも言えない緊張感を味あわせてくれましたw

それではデスレックスの荷電粒子砲をご覧ください!!

おおおおぉぉーーー!!!

これはかなり良い感じにできたんじゃないかなと(^^)

k38

k41

やっぱり口が開いた時にだけ赤色LEDを光らせるようにして正解でした!!白色LEDも歩行モードの時も光るよりワイルドブラストの時だけ光るようにしてこちらも正解だったかなと♪

発射時に白のLEDも考えたんですけどレンズの色が赤色だったので今回は発射時を赤色にしました。もしクリアのレンズを見つけたら色を変えてやってみます(^^)

まとめ

今回デスレックスの発光ギミックとドリルギミックを使って荷電粒子砲を再現してみたんですが個人的には大満足の改造になりました!

k39

この粒子を集めている感も良い感じに再現できたなぁと自己満足してますw

今まではガブリゲーターのラジコン改造が一番満足度が高かったんですが・・今回超えました(^^)今までで一番満足のいく改造になりました♪

店頭でも売っているところはあったんですがこの週末で姿が消えそうです!荷電粒子砲を超える改造ネタが浮かばないところで・・

発売日が迫っているという感じですw

来月には・・

新発売は嬉しいんですけどこのスピード感は置いて行かれそうです(^^;)次回はLEDを交換した時の電池の持ち具合を実験してみたいと思います!

ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする