TP1




ゾイドワイルド番外編。バーサークフューラーのモーター部分を改修をしてみました!

今回はバーサークフューラーのモーター部分が壊れているみたいなので改修してみようと思います♪

バーサークフューラー

模型屋さんのワゴンセールでゾイドのジャンクセットを購入したら何と400円でバーサークフューラーがほぼ完品に近い状態に完成したんです♪

ただスイッチを入れるとモーターは回転するんですがギアが引っかかった感じで上手く作動しないので今回改修してみようと思います(^^)

こちらで組み立ての様子を紹介しています♪

ゾイドワイルド番外編。400円で買ったゾイドのジャンクセット...
今回は模型屋さんのワゴンセールでゲットした合計400円のゾイドジャンクセットを組み立ててみたいと思います♪ 400円のジャンクセット前回紹介したんですが模型屋さ...

モーター改修

今回改修するパーツはコチラです。

j9

見た感じ悪そうな場所は無いんですけどスイッチを入れるとモーターが回ってギアも回るんですがカタカタと音がして動きが止まってしまうんです。

バーサークフューラーには2種類のパターンがあって手足が動くパターンと首と尻尾が動くパターンがあるんです。

手足が動くパーターンは問題なく動くんですが首と尻尾が動くパターンの時にギアが引っかかっています。

破損場所

どこが悪いのかと探していたら怪しい部分を1つ見つけました!

b2

黄色の丸で囲んだ所です。パーツが折れたような形跡があります。

b3

折れてますよね??

恐らくここにピンの役割をするパーツがあって

b13

この穴に差し込んであったんじゃないかなと(^^)この部分が連動してないのでギアがちゃんと動かないんじゃないかなと思ったんです!

改修

破損場所が見つかったので改修したいと思います。パーツを連動させるためにピンを取り付けます。

b4

穴を開けるためにパーツを外しました。

b5

パーツを外して気づいたんですがモーターボックスが破損してました!まぁここは壊れていても問題ないと思うのでこのままにしておきます。

b6

ピンバイスで新しくピンを取り付けるために穴をあけます。貫通に気を付けながら穴をあけます。

b7

ランナーを適当な長さにカットして差し込みます。

b8

この状態でちゃんと動くのかパーツを元に戻す前に試してみます。

テスト動画

改修前はカタカタとギアが引っかかっていました。新しくピンを取り付けてみたので試しにモーターを回してみます♪

これは・・

いいんじゃないですか!!

ギアがカタカタならずに首もちゃんと動いています♪首が正常に動いたので次は尻尾を取り付けて動作確認してみます(^^)

b9

その前にランナーをカットして短くします。長いままだとパーツがはまらないんです(^^;)

尻尾を取り付けても問題なく動きました!!

初めて見たんですがバーサークフューラーの尻尾のギミックかなりカッコいいですね!!これはちょっと衝撃でしたw

尻尾をばらして構造を見てみようと思います(^^)

仕上げ

首も尻尾もちゃんと動いたのでパーツを元に戻していきます♪こんなに簡単に改修できるとは予想していませんでした(^^)

b10

バラしたついでに首部分にパーツを取り付けたんですがどうやらつけ間違えたみたいです。。

b11

この2つのパーツが首周りのパーツなのは間違いないと思うんですが上手く取り付け出来ません(^^;)

完成

パーツを元に戻したら改修終了です♪

パーツを元に戻して正常に動けば今回の改修作業は成功した事になります(^^)早速試してみたいと思います!!

やった!!改修成功した!!

と思ったんですが・・

最後まで動画を見た方は分かったと思うんですが・・・最後カタカタ音が発生しましたw

こんなに簡単に改修が終わって良いのかと思ったんですが終わっていませんでした(^^;)また分解して原因を探さないといけません♪

まとめ

今回バーサークフューラーのモーターを改修したんですが失敗しました。最終テストして15秒間くらいまではニヤニヤしてたんですがカタカタ音がして動きが止まるとニヤニヤも止まりましたw

頭と尻尾だけの時は上手く動いていてパーツを取り付けたらダメだったのでパーツの取り付けに問題があるのかもしれません!

b12

ただこうやって見ていると動かなくても飾ってるだけでカッコいいのでこのままでも良いかなぁと思い始めたりもしていますw

ただあの尻尾の動きは魅力的なんですよね~♪あの動きは個人的に大ヒットです(^^)

バーサークフューラーのHMM版が無性に欲しくなってきましたw

ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする